助成金申請

景気の変動等により、事業活動の縮小を余儀なくされた事業主が、休業、教育訓練、出向を行って労働者の雇用を維持した場合、かかった費用の一部が助成されます。

事業主が、その雇用する労働者に対し、職業訓練の実施、自発的な職業能力開発の支援を推進した場合に、訓練経費や訓練中の賃金等を助成する。

職業経験、技能、知識などから安定的な就職が困難な求職者を一定期間試行雇用(トライアル雇用)した場合に助成されます。

35歳未満の非正規雇用の若者を、自社の正社員として雇用することを前提に自社内での実習(OJT)と座学(OFF‐JT)を組み合わせた訓練(若者チャレンジ訓練)を実施する事業主に奨励金が支給されます。

健康、環境、農林漁業分野等の事業を行っており、キャリアアップ管理者を配置した上で、キャリアアップ計画・職業訓練計画を作成して訓練を実施した事業主に奨励金が支給されます。

雇用管理改善を行う中小企業団体、雇用管理責任者を選任し、雇用管理改善につながる事項について、新たに制度を導入した成長分野等の中小企業事業主に対して助成されます。